本文へスキップ

ホームステイを通して市民レベルで国際交流を行っています


フレンドシップフォースとは
フレンドシップフォースは「国の違う市民同士がホームステイという形で生活をともにし、考え方や文化の相違点や類似点を発見し相互理解を深めることにより世界平和に貢献していこう。」という趣旨の活動を行っている非営利の国際交流団体です。1977年にアメリカのウエイン・スミス牧師が設立し、当時のジミー・カーター大統領の推奨により始められました。国際本部(FFI)はアメリカ・ジョージア州アトランタに置かれ世界70ヶ国350以上のクラブの交流活動の計画・調整・連絡にあたっています。近年は通常のクラブ交換以外にテーマを持つた交換(語学・スポーツ趣味等)も行われています。
日本では1979年に初めての渡航があり、当初、東京にしかなかった組織も今では4ブロック26クラブに広がり活発な交流活動を行っています。

2016年ラトビア受け入れ
トップページの写真は2016年3月 リガクラブ/ラトビアのゲスト22人を受入れた時の写真です。
北欧の寒中水泳の文化に驚かされ、歌で革命を勝ち取った国民性を実感いたしました。
詳しい交流の様子はここからは会報54号でお読みください。


 マニトバクラブ/カナダ 受入れ
マニトバクラブ/カナダ受入れが2022年春に決定いたしました。
16人のゲストが桜の開花の適期 3月末に愛媛に来られ、その後、郡山クラブにステイ予定です。
それまでにはコロナが終息していることを心から願っています。


 


新着情報news

contents





リンク見出し

FFI(国際本部)

FF日本

English Versions



アクセスカウンター

スマートフォン版